任天堂がクッパのバ美肉化「クッパ姫」を否定!VTuber業界激震

 2019/01/05

はじめに

2018年下半期からSNS上で話題となった、スーパーマリオシリーズに登場するクッパの二次創作キャラクターのクッパ姫の存在が、任天堂による正式な声明により否定された。 もともと二次創作キャラクターであるため、公式にキャラクター化されることは現実的ではなかったが、ネット上では落胆の声とさらなるバズりの気配を見せている。

クッパ姫

 

クッパ姫の噂の経緯

1月11日にNintendo Switch向けに発売される新作「New スーパーマリオブラザーズUデラックス」において登場するキノピコが、スーパークラウンを取得することで、キノピーチと呼ばれる人型のキャラに変身する。

この設定をうけてネット上では、スーパークラウンを取得したキャラクターを女性化(もしくはピーチ化)させるアイテムと誤認され、クッパがスーパークラウンを取得するとクッパ姫になるのではというネタが広がり、二次創作がなされるなど話題になっていた。

特にVTuber界隈では

「あのクッパがバ美肉化してvtuberに!?」「クッパをTS(女体化)した!?」

などの声がネット上で盛り上がっていた。

バ美肉 & TS(女体化)とは?

バ美肉は、絵師やVTuber界隈で流行っている用語で「バーチャル美少女として受肉する(肉体を得る)」の略称だ。

VTuberとしての見た目は可愛らしい女子の姿だが、中の人はおじさんである場合に「バ美肉おじさん」などと言われる。

イラストレータ自らがボイスチェンジャーを使ってバーチャル美少女化するケースも多々有る。

初出は「バーチャル美少女セルフ受肉おじさん女子会ワンナイト人狼」、縮めて「バ美肉おワ人狼」という身内コラボと言われている。

また、バ美肉と似た用語で性転換 (transsexual)を意味するTSという用語もある。

こちらもpixivなどで、ゲームやアニメの男性キャラクターを女体化する二次創作が盛んに行われている。

このような背景から、クッパ姫がVTuberとしてデビューするんじゃないかという期待がネット上で噂されていた。

 

任天堂の発表

これらの噂が任天堂によって突如として否定された。

任天堂は、「New スーパーマリオブラザーズ U デラックス」の英語の公式サイトで、スーパークラウンについての以下のように説明している。

When Toadette finds one of these, she can transform into the super-powered Peachette.(Sorry Luigi-only Toadette can use this item!)

これを日本語にすると、「キノピコがこれ(スーパークラウン)を見つけると、スーパーパワーを持つキノピーチに変身することができます(ごめんね、ルイージ-キノピコだけがこのアイテムを使えます!)。」という旨が書かれている。

つまり、クッパがスーパークラウンを使えないということを意味している。

スーパークラウン

 

この発表をうけてネットの反応は

オンライン署名収集サイト Change.orgでは、「クッパ姫を公式キャラクター化の署名活動」や「スマブラSPECIALへの参戦への署名活動」がはじまっている。

※ クッパ姫の設定を考案したhaniwa氏が昨年12月に公開したファンアート

ネット上では、

 

まあ、そりゃそうだ。としか言い様がないわな。

 

元から誰も公式になるとは思ってなかったけどな。

 

二次創作は二次創作として楽しもう。

などの声が続出した。

 

さいごに

任天堂は昨年11月、ネットワークサービスにおける任天堂の著作物の利用に関するガイドラインを公開し、そこには「(中略)任天堂の知的財産の利用や創作は、各国の法令上認められる範囲内で行ってください。」と記載されている。

過去に「マリカー裁判」や「白猫プロジェクト(コロプラ)特許訴訟」など任天堂の知的財産利用においていくつかトラブルがあるが、この場合営利目的での使用だったが今回の二次創作自体は法令的に違反指定なけらば取り締まらないと考えられる。

今回の任天堂の発表でクッパ姫の設定が失われたとしても、ここまでSNSで話題になった二次創作キャラクターとして、今後もネタにされ続けるのではないだろうか。