「狼と香辛料VR」のクラウドファンディングが2時間で目標金額到達

 2018/11/25

原作制作陣完全協力による、「狼と香辛料」のVRアニメーション化の支援をクラウドファンディングサービスCAMPFIRE上で支援を募っていたが、開始からわずか2時間で目標金額の8百万円を超えた。

https://camp-fire.jp/projects/view/108909

11月25日21時現在で、支援額は1千2百万円、パトロンは400人を超えている。

今回の企画にあたっては、原作者である支倉凍砂がシナリオを書くのはもちろん、新規衣装書下ろしには文倉十、ロレンス役には福山潤、ホロ役には小清水亜美をお迎えし、原作力120%で製作にあたっている。

「狼と香辛料」は2006年からラノベとして刊行され、2008年にはアニメ化され、漫画版は今年堂々の完結を迎えた大人気シリーズだ。

本プロジェクトは、これらのメディアに加えて新たにVRの領域に進出することへの挑戦として発足した。

発起人の同人サークルSpicyTails代表の支倉凍砂「VRアニメに未来を感じている方と一緒に作っていきたい!」と展望を明かしている。

「狼と香辛料VR」は、Oculus Rift、HTC-VIVE、OculusGoに対応する予定だ。

原作の世界観をどこまで忠実に再現するかが注目だ!