VTuber「ミライアカリ」がNHKのeスポーツ特集のリポーターを担当。キズナアイに続いて

 2018/11/07

バーチャルYouTuber(VTuber)のミライアカリが、NHKの「激突!新時代のeアスリート」にリポーターとして出演すると話題になっている。

ミライアカリがNHKのeスポーツ番組に登場

本番組は、2018年11月11日(日) 0時の「BS1スペシャル」に放送予定で、お笑い芸人「博多華丸」が語り手として登場し共演する予定だ。

いま世界的な人気の「eスポーツ」。コンピューターゲームで対戦する新しいスポーツで、世界の競技人口は1億3000万人にのぼる。番組ではeスポーツのサッカーゲームで日本代表の座を目指す若者たちの戦いに密着!さらに、科学的な分析によって彼らの視野の広さや優れた空間認知能力などが明らかに。ナレーションは博多華丸、リポーターはバーチャルユーチューバーのミライアカリで新しいスポーツの興奮と感動をお伝えする。

「eスポーツ」とは、世界での競技人口が1億3000万人にのぼるコンピューターゲームで対戦する新しいスポーツ。 オリンピック競技に採用されることも期待されている。 番組では、eスポーツのサッカーゲームで日本代表の座を目指す若者たちの熱き戦いに密着するそうだ。 また、彼らの視野の広さや空間認知能力を科学的見地から徹底分析した模様が放送されるようだ。

2018年のバズワード「eスポーツ」と「VTuber」のコラボという意味でも大きな注目が集まる。

VTuber界隈では、先月NHKはノーベル賞の解説ページにキズナアイを起用したことで話題になっていた。

その際に、太田啓子弁護士による性的描写に対する批判で「萌え論争」発展したことも記憶に新しい。

キズナアイはVTuberの顔として広く認知されており、TBSのサンデージャポンなど地上波での起用も先駆けて行われていた。

いっぽうで、ミライアカリはVTuber四天王のひとりでありながら下ネタに寛容なスタイルで人気を集めていた親しみやすいキャラクターなのでNHKのカラーとは若干違う印象をうける。

ネット上では、

「とうとうアカリも地上波許されたか」

「録画予約したわ」

「NHKさん煽るの上手すぎやろ」

「キズナアイは問題ないと思うけど、ミライアカリは不適切だと思います(真顔)」

「NHKさんやるなぁw」

「ウイニングイレブンの世界"チャンピョン"っていうのもややうけです」

「以前、親分がNHK出た時には性的っ!性的っ!て騒がれていたけど今度は歩くセクハラことアカリちゃん。性的待った無しだね。NHK攻めてるねー!」

「NHKの方針?オリンピックにeスポーツが絶対 認知されるとふんで、硬い頭の世代に 分かりやすく解説してますね。アイちゃんやアカリミライちゃん で視覚的に、賢いゲーマーいますよ作戦( ー`дー´)キリッ」

など驚きと喜びの声が続出した。

今後もNHKとVTuberがコラボしたコンテンツが増えていくことが期待される。