ときのそら、アズマリム、かしこまり、天神子兎音のVR音楽フェスのクラウドファンディングが500万円達成

 2018/10/29

先日、人気VTuber(バーチャルユーチューバー)4名により立ち上げられた「「私たちだってVRライブを盛り上げたい!」バーチャル音楽フェス 制作プロジェクト」のクラウドファンディングが、目標金額の500万円を見事達成した。

本プロジェクトに参加VTuberは「ときのそら」「アズマリム」「かしこまり」「天神子兎音(てんじんことね)」の4名で、目標を達成した音楽ライブは、VR上で2019年2月9日18時~20時に開催が予定されている。

ネット上では、

「素敵なイベントになると良いですね」

「2月楽しみがまた増えました」

「1対1なに話すのかな…?話す人もドキドキですね」

「今日からVRゴーグルかけて待ってます!」

「まだ気が早いですがイベントの成功を祈っておりますd(^_^o)」

などファンからの喜びの声が寄せられた。

本プロジェクトは、クラウドファンディングサイト「makuake」で9月に公開され、目標金額が500万に設定されていた。

予想以上の反響で、期間終了1ヶ月前で目標を達成。 支援者も300人を超えた。

10月29日現在もクラウドファンディングの募集は続いており、「当日VR入場権利」や「ライブのエンドロールに名前が載る」コースなどのリターンが用意されている。 価格も3,000 ~ 300,000円までのコースが用意されている。

また、目標以上の金額が集まった場合は、ストレッチゴールの追加が予定されているとのこと。

今回集まった資金は、バレンタインデーをテーマにVR上に建設したステージの装飾や演出に当てられる。

VR音楽ライブの参加には、VRヘッドセットと推奨スペックのPCを用意すれば、自宅からオーディエンスとして参加することが可能。

また、 VR空間上での視聴が出来ない場合も、当日はライブ中継を無料配信が予定されている。(動画配信サービスは後日発表予定)

VR音楽ライブの参加条件は、対応VRヘッドセット(Oculus Rift CV1/HTC VIVE/HTC VIVE Pro)及び、各機種の推奨スペックを満たしたPCを所有している権利購入者であること。 クラウドファンディングのページでは、上記のスペックを満たした上で、GTX 1070以上搭載のPCで視聴する事を推奨しており、会場へのログインにはtwitterアカウントが必須。

4人は、日頃活動する中で、「Vtuberとしての音楽活動の可能性」をもっと拡げていきたい!!という想いが一致してこのプロジェクトを開催するに至ったとコメントしている。