【懐メロ】VTuberの定番アニソンカバー5選

 2018/10/23

はじめに

昨今、バーチャルYoutuber(VTuber)の多方面での活躍が話題になっている。 企業タイアップ地方自治会とタッグを組んだPRグッズ販売など幅広く展開されている。

しかし、「今更だけどVTuberってなに?」「ムーブメントに乗りたいんだけど、最初どうやって楽しめばいいの?」などややブームに乗り遅れた人もいるんじゃないだろうか。 そんなVTuberって興味はあるけど、まだノリかたが分からないって人に一番良い方法は、定番カバーソングを聞くってことなんじゃないかと思う。

かくゆう筆者も、以下に紹介するVTuberたちのカバーソングを聞いて、VTuberにのめり込んでいったタイプで友人・知人に紹介して周りにファンを増やしている。

そんなVTuber初心者にも親しみやすい、誰もが知っている定番アニソンのカバー曲を紹介する。

まずは、これを聞いておけっていう5曲を独断と偏見で紹介する(異論・反論は甘んじて認める)!

1. そばかす(KMNZ LIZ

オリジナルは、「JUDY AND MARY」の楽曲でアニメ「るろうに剣心」の初代オープニングテーマ。 KMNZは、小沢健二などラップ系の楽曲をカバーすることが多いが、ジュディマリのような女性ボーカルのロックバンドの曲も完璧に歌いこなせている。 今後は、レベッカなど似たようなジャンルの楽曲のカバーも密かに期待している。

2. God knows...(かしこまり

アニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」の12話に出てくる劇中歌で、涼宮ハルヒ(CV:平野綾)が歌うロックチューン。 学園祭でバニーガールのコスチュームで歌うハルヒの姿と華麗にベースの演奏する長門有希の姿も話題になった。

こちらのカバーでは、ちゃんまりがハルヒのリボンと制服姿でエアギターを弾きながら熱唱する。 歌詞の世界観さながら無垢な歌声が心地よい!

3. タッチ(YuNi

オリジナルは、「岩崎良美」の楽曲でアニメ「タッチ」の初代オープニングテーマ。 1985年にリリースされて以来、数多くのカバーがされるほどの定番アニメソング。 漫画、アニメも王道青春野球ラブコメとして君臨し続ける。

今回のYuNiの楽曲では、曲の最初に「YuNiを甲子園に連れてって」という上杉達也もドキッとするようなセリフから始まる。 曲中に流れる映像は、漫画のコマ風の演出になっており歌詞はセリフの吹き出しになっている。 また、タッチの名シーン「きれいな顔してるだろ、死んでるんだぜ、それで」のオマージュと見られる「きれいな角してるだろ、○んでるんだぜ、それ」という場面も見られる。

4. 残酷な天使のテーゼ(YuNi

再び、YuNiのカバー。

オリジナルは、社会現象にもなったアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」のオープニングテーマ。歌は高橋洋子。 当時、オープニングテーマの映像も話題になった。

YuNiの力強い歌声が、とても聞き応えのある楽曲に仕上がっている。 こちらも映像の背景がエヴァの世界観が再現されてる完成度の高いものとなっている。

ラストは 「てんてーに、ありがとう」 「乙女丸に、さようなら」 「そして、10万人のすべてのみなさん(チルドレン)にありがとう」 と例の明朝体の文字が映し出されて終わる。 ちなみに10万人というのはYuNiちゃんねるのチャンネル登録者数と思われる。

5. メリッサ(おめがシスターズ

オリジナルは、ポルノグラフィティによるアニメ「鋼の錬金術師」のオープニングテーマ。 ポルノのメンバーが3人だった頃の楽曲!

パートは、おめがリオがメインボーカルで、おめがレイがリードボーカルを担当。ハモリ具合が最高だ。

映像のバックには、鋼の錬金術の主人公「エドワード・エルリック」らしき後ろ姿のアバターが立っている。

まとめ

以上5つのカバーソングを紹介した。 筆者がアラサー世代ということもあって、その辺の世代に刺さりそうな曲が多くなった感はある。

今後もよりVTuberによる多くのカバー曲が世に出されるであろう。

VTuber業界に今後も目が離せない。