KMNZ LITAがカバーする椎名林檎の歌舞伎町の女王がクールと話題に!

 2018/10/17

1998年にリリースされた椎名林檎のセカンドシングル「歌舞伎町の女王」をKMNZ LITAがカバーしたことがネット上で話題になっている。

椎名林檎の代表曲で、ファンの間ではおなじみのナンバーでこれをどうリタどんが歌い上げるのかに注目が集まった。

ビブラートのかかった声で、体を左右に揺らしながら歌う姿は超クール。 多少、けだるそうに歌う感じが歌詞の世界観とマッチしていて最高だ!

また間奏部分では突然、

「えぇ、では、私、KMNZ LITA、ここでピアニカを引かせていただきます。」

と言いピアニカにも挑戦。

ただ演奏中は後ろを向いて指の動きや表情は見れず尻尾がフリフリうごいてるだけ。

ラストの「今夜からはこの町で娘のあたしが女王」の部分は、原曲ではビブラートがかかった歌声になっているが、本作ではつぶやくようなかすかな声で、雑踏の音の中に消えていく演出となっており、ここも相当クールに仕上がっている。

ファンからは「リタちゃんがスナックとかバーを開店し毎週入り浸る」「椎名林檎好きだから嬉しい」「とってもクール」「哀愁がたまらない」などの声が続出。VTuberファンのみならず、椎名林檎や東京事変のファンからも熱い視線が送られた!

今後のカバーにより一層期待が高まる。